<< 06/20 | main | 2010/07/31 >>

スポンサーサイト

  • 2011.08.12 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


06/20続き

去年の曲目はレポート巡りした印象ではSUPER5の曲が(なぜか)多かったようですが、今回の傾向としてはB面多し、な内容でした。

順番は失念、なんとも不真面目ぶり炸裂ですが。曲目はだいたいこんな感じ

伝説
ガラスの十代
水彩画
2000年の翼たちへ
笑ってよ
TOUCH ME
空を渡って君のハートへ
もっと近づきたい
パラダイス銀河
水の惑星
きっと愛し合える
STAR LIGHT

アンコールはガラスの十代含むメドレー、Wアンコールは水彩画?

うわー…自分の腐った脳に驚きます。
違う意味で腐女子…今度からメモ持参します。

MCはバンメンさんが変態とかコメントしてあげて!とかHPgirlにメール送ってくれたら一応読む、アドレスも付けてくれたら助かる、「ありがとう」くらいは返事するとかそんな話がメインでした。
バンメンさんの話は嫌いじゃないのだけど、聞きたいかって聞かれたら別だったりする。
どうせならメンバーの話を聞きたいのだ。
けれどボーカルという立場上、遣うべき気があるのだろう。そう思ったら笑って聞くしかない。

強いて出たといえば当時の話
ベストテン?で『空を渡って君のハートへ』を生で披露した際、それまでの口パクじゃない、自分が珍しく出だし、しかもアップ、そんな緊張が重なり満足に歌えなかったそう。
そのあとのパート担当だった淳くんもややふるえ気味だったけどパートがよくてうまくごまかしてた…
で、そのあとも…と説明入れながら歌って伝えていました。
そんな恨みがましく言わなくても(笑)
前列のお客さんたちだって出だしをつとめるひろくんがかっこよかったとおっしゃってましたよ。
ひろくんファンは優しいなぁ、と思います。
みんなふんわり柔らかい雰囲気の女性が多い。

あと笑ったのはラブバルーンの時の「バルーン投げ」。
ひろくん自らゴミ袋みたいな透明のビニールからカラフルな風船をぼこぼこと取り出し、それを観客席に投げる→戻ってくる、の図は見ていて「これは何?」と頭の中がハテナでいっぱいになった。しかも忘れていたようで曲も中盤に差し掛かってから袋持ってきていた。遅いよ〜

あとガラスの十代で噛んだ!まさかのタイミングだったのでびっくり。
その直後「ガラスの四十代〜」と替え歌していましたが、それより噛むタイミングが気になってしまったのでした。

でもね…
ジャケット脱ごうとして、Tシャツがまくれた隙間から見えたひろくんの二の腕が可愛かったから、
二の腕が見えた瞬間のハッとした瞬間が可愛かったから…!
許す!!!!!
さながら郷ひろみみたいにジャケット途中まで脱げた状態で袖を直しててね…可愛かった。
あまりムチムチしてる人が好きではないはずのわたしが喜んだのだから、マニアにはたまらない瞬間だったと思います。ムフフ

前回参加したバースデーライブと比べてかなりテンション高めでご機嫌に歌う姿は、見ていても楽しかったっすね!
MC中よく口にしていた「時は流れていくし、僕たちも変わってく」って言葉を聞く度思いを馳せてしまうライブでもあったかな。
きっと、今回例年より早くTIME-TO-LIVEが始まったのも理由は考えられるわけだし。曲を聴いてる間にも急に悲しさが襲ってくる感覚が…

でもありがとう、ひろくん。
今度は立ち見無しにしてね。

スポンサーサイト

  • 2011.08.12 Friday
  • -
  • 01:02
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM