<< 肥大化 | main | 新生活始めました >>

スポンサーサイト

  • 2011.08.12 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


逃げて去る

遅ればせながらじゅんくんお誕生日おめでとう。
去年の今はちょうどじゅんくんの生放送に突撃オフ会をし、その直後晃の公判で。
でもじゅんくんを見たその時は公判…公判…と思う気持ちを少し緩めることができました。

みんなで行ったオフ会でそんな機会を与えてもらいました。
だからみなさんに感謝したいです。本当にありがとうございます。

話を戻しますがイベントも近々あるみたいで!
昨年からじゅんくんとのホワイトデーの約束(笑)忘れてませんが、今月は空けることができませんでした。
みなさんのレポで確認すると思いますが、39歳を迎えて早々のじゅんくんの活躍を遠くでいのっております。

今年も健康にすごしてください。
つながりの飲み会ばかり行くなよ!

では続きにあっくんの舞台の感想をば。
2日は「TRAVELING」の初日を観劇しました。

赤坂見附で赤坂見つけ〜♪が頭を駆け抜ける駅前。
赤坂redシアターは本当に赤かったです。

今回の舞台は、わたしが見た佐藤アツヒロの作品の中では一番好きです。
役柄もとても合ってた。あっくんはこういうさっぱりした役の方がいい。
最近はあくの強い役を演じることが多かったのかもしれません。どうもその手の役はナルシな佐藤アツヒロが全面に出てくる感じがして、端正な顔立ちも台無し…にもなりかねず。
でも今回はいつも以上にガエル ガルシア ベルナルに見えたよ!(ここで喜んで興奮するのは本当にわたしだけの気がする…)

物語は認知症になってしまった妻に多少負い目のある主人公のあっくん。と、その弟の2人が時間を行き来して妻とやり直すために奮闘する。
時間旅行や脳内ららららみたいな話が好きなので個人的にはそれだけでも寝ない要素に事足りるくらい。
こういう作品をあっくんが演じてくれるのが嬉しい!もう完全な個人的趣味だけど!
妻とやり直したいってひたむきな気持ちだけで動く姿も胸にじんときた。2人寄り添って泣くシーンはきれいでうっとりしたし。

光GENJI要素はゼロだったけど楽しめたから結果オーライです。
なんかこう、AAのこと考えるのはしばらくしんどくて。
あっくんにはもっと晃のこと考えてほしいって思いばかり先行して、与えて与えて状態だった自分にも気づいた気がした。そして与えてくれないなら悲しいから逃げる、みたいな部分もあった。
でも仕事している片割れの姿をもっとちゃんと心から見たい。
そんな風に思った作品でした。

noonさん誘っていただきありがとうございました。

スポンサーサイト

  • 2011.08.12 Friday
  • -
  • 05:17
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM